池内恵の中東通信
池内恵
執筆者:池内恵 2015年7月20日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東

トルコのシリア(コバネ)との国境の町スルチュで支援団体の集会に自爆テロ

2015年7月20日 22:25
7月20日、トルコ南東部シャンルウルファ県の、シリアとの国境の町スルチュで、文化センター前のカフェで自爆テロ。「イスラーム国」の関与が疑われている。アル=ジャジーラの速報では最初10名死亡となっていたが、BBCの日本時間夜9時頃の速報では死者27名・負傷者約100名と…
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
中東通信の最新記事

新潮選書「中東代混迷を解く」シリーズの第2弾を脱稿

2018年4月25日 21:05
ここのところ、「中東通信」欄の投稿が滞っていました。なぜかというと、本を書いておりました。それも新潮選書で一冊を書き下ろしていました。本欄で日々に書いて考えていることを、定期的に体系化し、構造化して一冊の本にまとめる作業を、新潮選書で行なっています。大変な…
続きを読む>>

ムハンマド皇太子が米国の親イスラエル・ロビー団体と会合

2018年3月31日 16:15
米国を長期訪問中のサウジアラビアのムハンマド皇太子がどこで誰に会うかが注目の的である。ニューヨークに移ってからは財界人や引退した著名政治家を中心に、面会情報が漏れ伝わって来る。3月26日にはソフトバンク会長の孫正義氏と面会したことが報じられている。3月27日はヘ…
続きを読む>>

ムハンマド皇太子がロシアと石油輸出国としての長期的同盟を目指す

2018年3月29日 18:00
米国を訪問中のムハンマド皇太子はワシントンDCからニューヨークに移り、主に企業関係の面会が報じられているが、ここでロイターのインタビューに答え、ロシアとの産油国間の長期的な同盟関係への意欲を示した。"Exclusive: OPEC, Russia consider 10- to 20-year oil allianc…
続きを読む>>

ムハンマド皇太子訪米の宣伝・情報戦

2018年3月23日 01:58
ムハンマド皇太子の19日からの訪米に合わせて、これを盛り上げようとするかの報道が、米国のメディアに多い。代表はCBSニュースの「60ミニッツ」での、ムハンマド皇太子側の主張を一方的に垂れ流す広報番組のようなインタビューである。"Saudi Arabia's heir to the throne ta…
続きを読む>>

サウジとトルコの関係が冷却化

2018年3月22日 22:58
サウジアラビアのムハンマド皇太子は、3月4日から22日にかけての「グランド・ツアー」の最初の目的地のエジプトで、各方面に向けて発言し、盛んに報じられたが、興味深いのは、トルコ批判の発言である。3月6日、ムハンマド皇太子はエジプトのメディアの編集長を集めた会見で、…
続きを読む>>

<<池内恵の中東通信に戻る
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top