「シンガポール総選挙」と中国の「安堵」

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2015年9月26日

 このほど投開票が行われたシンガポール総選挙で与党・人民行動党(PAP)が勝利を収めた。「ウオッチャーたちのメガネがずり落ちた」(シンガポール紙『聯合早報』)と書かれるほど、予想外の圧勝だったが、当のPAP以外で、この勝利にもっとも安堵したのは、中国の現指導部ではないだろうか。

 どうしてかと言えば、習近平現指導部が恐らく目指している「クリーンで優秀なエリートによる一党支配」のある種の成功モデルが、シンガポールでのPAPの勝利に体現されているからである。

 2011年の総選挙で手痛い勢力減退を喫したPAPは今回、得票率を10%も上積みし、89全議席中、2議席増の83議席を確保した。事前の予測では前回同様の苦戦を強いられるとの観測が目立ったが、ふたを開けてみれば「PAP強し」を再確認するしかない結果だった。

 その主因を2つほど挙げると、早期の解散に打って出て、今年3月に亡くなったばかりの建国の父リー・クアンユーの功績を強調し、シンガポール・サクセスが誰のお陰であるのかを国民に再認識させたこと。もう1つは、前回総選挙での「敗北」の反省から、候補者の選定で、より民衆に近いイメージを持つ人材を多数登用し、世代交代を目指すリー・シェンロン首相の改革姿勢が評価されたことがある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順