北朝鮮「党創建70周年」(下)「粛清疲れ」?人事は「安定性」を志向か

平井久志
執筆者:平井久志 2015年10月23日
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮は10月10日の党創建70周年で、党代表者会といった重要会議だけでなく、党中央委員会総会や党政治局会議も開かなかった。昨年12月に金正日(キム・ジョンイル)総書記に対する「3年服喪」を終えた金正恩(キム・ジョンウン)政権が、党創建70周年という区切りに党の重要会議を開催し、新たなスタートを切るのではという見方もあったが、この見通しは外れた。
 今回の党創建70周年では中国との関係修復への姿勢を明確にし、対外路線では挑発的な姿勢を控えた。そうした中で、国内的には「全党に党の唯一的領導体系を一層徹底的に打ち立てなければならない」(10月4日付、金正恩第1書記論文)とし「強靱な組織性、規律性、団結力」を訴えた。党創建70周年を迎えた国内状況はどうなっているのだろうか。
 

序列や顔ぶれに大きな変化なし

 平壌では10月9日に朝鮮労働党創建70周年慶祝中央報告大会が開催された。金正恩第1書記は参加しなかったが、現時点の北朝鮮指導部の大半が参加した。
 参加しなかった金正恩第1書記を序列1位とすれば、党機関紙「労働新聞」が報じた同大会参加者の序列は以下の通りだった。
(2)金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長
(3)黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長(党政治局常務委員)
(4)朴奉珠(パク・ポンジュ)首相
(5)金己男(キム・ギナム)党書記
(6)崔龍海(チェ・リョンヘ)党書記
(7)崔泰福(チェ・テボク)最高人民会議議長、党書記
(8)李永吉(リ・ヨンギル)軍総参謀長
(9)楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)最高人民会議常任委副委員長
(10)李勇武(リ・ヨンム)国防委副委員長
(11)呉克烈(オ・グクリョル)国防委副委員長
(12)金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長
(13)金養建(キム・ヤンゴン)党統一戦線部長
(14)郭範基(クァク・ポムギ)党書記
(15)呉秀容(オ・スヨン)党書記
(16)金平海(キム・ピョンヘ)党書記
(17)盧斗哲(ロ・ドゥチョル)副首相
(18)趙然俊(チョ・ヨンジュン)党組織指導部第1副部長
(19)太宗秀(テ・ジョンス)党政治局員候補
(20)金永大(キム・ヨンデ)社会民主党委員長

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順