堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(62)

21世紀の「グレート・ゲーム」:「米中」をにらむ「日韓英」それぞれの思惑

 グレート・ゲーム(The Great Game)。19世紀末から20世紀初頭にかけて、大英帝国とロシア帝国が繰り広げた覇権争いに、当時の英国人はそんな名前を冠した。今や地球規模で繰り広げられる米中の陣取り合戦は、さしずめ21世紀のグレート・ゲームと言うことが出来るだろう。日本ももちろん、その渦中にある。

 言うならば、オセロゲームである。9月に訪米した中国の習近平主席は、南シナ海問題でオバマ米大統領と折り合いを付けられず、両国間に隙間風が吹いた。10月に入り、米アトランタで日米をはじめ環太平洋の12カ国は、環太平洋経済連携協定(TPP)に大筋合意した。開催地にちなみ、「Gone with the wind(風と共に去りぬ)」が懸念された交渉をまとめるうえで力があったのは、オバマ政権の対中巻き返し戦略である。

 その一方で、習主席は米国の最も親密な同盟国である英国に足を運び、「中英の黄金時代」を演出してみせた。英国が中国製の原子力発電所の導入を決めたことは、中国外交の大きな勝利だろう。中英は足並みをそろえて新興国へのインフラ輸出を図ることになる。余勢を買って中国は、この11月にも人民元を国際通貨基金(IMF)のSDR(特別引き出し権)の構成通貨とし、国際通貨としてのデビューを果たす。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:18
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順