追い詰められるブッシュ元州知事の「茨の道」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2015年11月18日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米

 来年11月8日に行われる米国大統領選挙まで1年を切り、来年の今頃には次期大統領が決まり、翌年1月の大統領就任に向けて組閣関連の動きも本格化し始めているはずである。今年6月にジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が地元フロリダ州で開催された集会で大統領選挙への出馬を正式表明した前後、2016年大統領選挙は「ブッシュ氏対ヒラリー・クリントン前国務長官」という、大統領職を身近に見つめてきた有力候補同士の対決になる可能性が高いとの見方が広くされていた。

 クリントン氏については、今年夏にかけて国務長官在任中の私的メールアドレスの使用問題や、クリントン夫妻の財団への外国からの献金問題などに批判が集まり、支持率が低下するとともに、「経済格差の是正」を訴えるバーニー・サンダース上院議員(無所属、ヴァーモント州選出)を党内左派・リベラル派が支持し、同議員の追い上げも受けていた。

 だが、10月に入り、クリントン氏は第1回民主党大統領候補テレビ討論会で他候補を寄せ付けない優れたパフォーマンスを示すとともに、ジョー・バイデン副大統領も不出馬を表明したため、オバマ政権に副大統領として仕えてきた有力者と争うという厄介な事態を回避することができた。また、在リビア・ベンガジ米国領事館襲撃事件に関する下院特別調査委員会公聴会での証言でも共和党議員からの追及を難なく乗り切り、最近では支持率を再び急伸させており、指名獲得に向け、「フロントランナー」として再び着実な歩みを見せている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順