北朝鮮「2つの事件」(上)「牡丹峰楽団」公演中止の怪

平井久志
執筆者:平井久志 2015年12月22日
エリア: 朝鮮半島

 朝鮮半島ウォッチャーにとって「12月12日」と言えば、1979年12月12日の「シビ・シビ」だ。「シビ・シビ」とは「12.12」の韓国語の発音だ。朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が1979年10月26日に側近の金載圭(キム・ジェギュ)韓国中央情報部長(KCIA部長)に暗殺され、韓国政局は不透明な状況に陥った。政権掌握を目指した全斗煥(チョン・ドゥファン)陸軍少将(軍保安司令官)は1979年12月12日に総参謀長公邸を急襲し、上官である鄭昇和(チョン・スンファ)陸軍総参謀長を逮捕した。全斗煥少将はこの下克上で権力掌握に向かい、このクーデターは「粛軍クーデター」と呼ばれる。
 しかし、今年の「シビ・シビ」(12月12日)に、北朝鮮を取り巻く状況に大きな影響を与える2つの「事件」が発生した。1つは北朝鮮の女性音楽グループ「牡丹峰楽団」と「功勲国家合唱団」が当日になって北京での公演を中止し、帰国してしまった件だ。もう1つは北朝鮮の開城で行われた南北当局者会談が決裂、次回の会談日程も決まらなかった件だ。北朝鮮を取り巻く情勢は8月25日の南北の「8.25合意」以降、状況安定の方向で推移していただけに、2つの「事件」は中朝関係の修復、南北関係の前進に冷水を浴びせた。北朝鮮は来年5月の第7回党大会に向けて、経済建設に邁進できる「平和的な環境」づくりに向かうのではないかとみられていたが、2つの事件は金正恩(キム・ジョンウン)政権の予測困難性を再び浮かび上がらせた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順