2016年北朝鮮「新年の辞」を読む(上)第7回党大会へ向けた前奏曲

平井久志
執筆者:平井久志 2016年1月5日
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は2016年1月1日の正午(日本時間午後零時半)から約30分間、肉声で「新年の辞」を発表した。濃い黒縁の眼鏡を掛けての演説で、その若さに似合わないしわがれ声と合わせて、故金日成(キム・イルソン)主席を真似たような演出だった。
 通信社の記者をしていた時から、毎年、この「新年の辞」や、金正日(キム・ジョンイル)総書記時代の労働新聞などの「新年共同社説」のどの部分に注目して報じるかは、頭を悩ますところであった。韓国の聯合ニュースは「北南対話・関係改善に努力」と報じ、朝日新聞はネット版では、これと同じように「金正恩氏『北南対話のために努力』」を見出しに取ったが、3日付の紙面では「祖国の統一死活的課題」とした。毎日新聞は「核開発触れず 周辺国に配慮か」、読売新聞もネットでは「経済再建を強調」を見出しに取ったが、3日付紙面では「多様な攻撃手段を開発」とするなど各紙の見方が割れた。
 各メディアの見出しの取り方が割れたというのは、今年の「新年の辞」には、昨年の「新年の辞」にあった「雰囲気と環境が整えば、最高位級会談も開催できない理由はない」というような踏み込んだ発言がなかったためだ。
 これは北朝鮮が今年5月初めに36年ぶりの党大会を開催することと関連している。画期的な提案や、新たな方針は党大会に取っておかなくてはならない。その意味で、今年の「新年の辞」は5月の第7回党大会を意識した前奏曲であり、控え目な内容であった。

この記事は役に立ちましたか?
Foresight最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順