「台湾人アイドル謝罪事件」の読み解き方

野嶋剛

 韓国で活動する16歳の台湾出身アイドルが、台湾の国旗を振ってテレビに出て「私は台湾人です」と語ったことで謝罪させられた騒動は、台湾総統選挙の投票前日に謝罪映像が発表されるというタイミングもあって、一気に政治問題化した。中台関係の観察という意味でも、台湾人の主体意識の分析という意味でも、非常に興味深い部分があり、また、中台関係や台湾の国家主権の問題は処理を誤ると一見小さな問題でも大きな代償を払うことを認識させられる事件だった。

 

衝撃的な映像

 この台湾人アイドルは台南出身の周子瑜(ツウィ)という少女で、13歳で台湾を離れ、単身、韓国に渡った。3年のトレーニングを経て、韓国のアイドルグループ「TWICE」としてデビュー。メンバー唯一の台湾人であり、グループのセンターを任されることも多く、スタイル、美貌とも図抜けていることが分かる。2015年には世界で最も美しい顔100人の13位に選ばれている。ちなみに、このグループのメンバーは5人が韓国人で、3人が日本人。昨今流行している韓台日のハイブリッドアイドルである。

 発端は昨年秋、デビューしたばかりの「TWICE」の宣伝で、ほかのメンバーと一緒にベッドにねそべって韓国と中華民国の国旗を振っているシーンが韓国や台湾のテレビで流れたことだった。これに対し、台湾出身の黄安というタレントが中国版Twitterの『微博』で「台湾独立を支援している」などと批判。やがて中国のネットで騒ぎとなり、「TWICE」の中国での活動が凍結されたり、映像がテレビから消えたりした。

執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順