「トランプ優位」で迎える「スーパー・チューズデー」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2016年2月28日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: 北米

 ネヴァダ州共和党党員集会が2月23日に行われ、実業家兼テレビパーソナリティのドナルド・トランプ氏が45.9%の得票率で勝利を収めた。2位となった23.9%のマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)を22ポイントも大きく引き離しての圧勝となった。3位は21.4%のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)であったが、トランプ氏の得票率はルビオ、クルーズ両氏の得票率の合計45.3%を上回る圧勝となった。ネヴァダ州党員集会が終わったことで、初戦であった2月1日のアイオワ州党員集会、2月9日のニューハンプシャー州予備選挙、2月20日のサウスカロライナ州予備選挙とともに2月に行われる「序盤州(early states)」4州すべての戦いが終わった。

 

「序盤州」での3連勝

「序盤州」4州の戦いを終えて、トランプ氏は3勝1敗、しかも3連勝と「勢い」をつける形で共和党大統領候補指名獲得争いを優位に展開している。各候補の獲得代議員数をみると、トランプ氏は82人で、17人のクルーズ氏、16人のルビオ氏、6人のジョン・ケーシック・オハイオ州知事、4人の元脳神経外科医であるベン・カーソン氏らを大きく引き離している。今回の共和党大統領候補指名獲得争いには当初17人もの候補が出馬していたが、現在はわずか5人にまで絞られており、ケーシック、カーソン両氏の撤退も時間の問題と考えられ、トランプ氏を軸にクルーズ、ルビオ両氏がトランプ氏についていけるかが当面の焦点となってきた

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順