フィリピン大統領選「速報」:「鉄拳」と「暴言」のドゥテルテ氏が勝利へ

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2016年5月10日
カテゴリ: 国際 政治 社会

 フィリピン大統領選の投票が5月9日行われ、日本時間10日朝の非公式の開票速報では、90%の開票率でダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏がほかの候補者を約600万票以上引き離しており、当選が確実となった。ドゥテルテ氏は、6月末に任期満了を迎えるベニグノ・アキノ大統領に代わって、フィリピン大統領に就任する。一方、別々に行われた副大統領選では、マルコス元大統領の長男であるフェルディナンド・マルコス上院議員とレニ・ロブレド下院議員の大接戦が続いている。強権的手法も辞さない「鉄拳」の政治を掲げるドゥテルテ氏の登場で、マルコスを倒した1986年のピープルパワー革命からちょうど30年という節目に、フィリピン政治は今後の展開を予測しにくい難局面に入ることになる。

「私設処刑チーム」を秘密裏に組織?

 ドゥテルテ氏は、マニラの中央政界では政治経験を持たない。ダバオは南部ミンダナオの中核都市であるが、日本で言えば、愛知県や神奈川県、福岡県、北海道あたりの知事が突然、首相になるようなものだろうか。

 ただ、当人のイメージは、いかにも荒っぽい武闘派の地方ボスである。マニラのエリート、改革派、親米を特徴としたアキノ政権に対して、ドゥテルテ氏は、庶民派で地方出身、犯罪・腐敗を強権によって取り締まることを売りにしてきた。つまり、まったく個性や背景の異なる政権が生まれることになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順