民主党内「分裂」で深まるクリントン氏の苦悩

足立正彦
執筆者:足立正彦 2016年5月30日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: 北米
彼女をめぐって民主党は「分裂」状態(ワッサーマン・シュルツDNC委員長)(C)AFP=時事

 

 

 民主党大統領候補指名獲得争いは、これまでで最多の546名の一般代議員が一挙に選出される6月7日のカリフォルニア州予備選挙やニュージャージー州予備選挙、ニューメキシコ州予備選挙などわずか9つの予備選挙、党員集会を残すだけとなった。カリフォルニア州での各種最新世論調査では、指名獲得争いを優位に展開しているヒラリー・クリントン前国務長官がバーニー・サンダース上院議員(無所属、バーモント州選出)をリードしており、クリントン氏の指名獲得は確実視されている。だが、サンダース氏は撤退する意向を全く示しておらず、むしろ、大統領予備選挙プロセスの最後の1票が投じられるまで戦い抜く決意を明確にしている。

 こうした中、サンダース氏やサンダース支持者の間からは、民主党全国委員会(DNC)が公正さを欠いてクリントン陣営に肩入れする一方、サンダース氏に対して不利な扱いをしてきたとの不満が強まっており、DNCやDNC委員長のデビー・ワッサーマン・シュルツ下院議員(フロリダ州第23区選出)に対する批判を益々強めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順