饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(217)

「ヘルシー魚介和食」にこだわったカナダ首相夫妻の「新感覚」

西川恵
執筆者:西川恵 2016年6月17日
エリア: 北米 日本

 その後の伊勢志摩サミット(5月26、27日)への参加の陰に隠れて目立たなかったが、サミット開催に先立つ5月23日から25日までの3日間、カナダのジャスティン・トルドー首相がソフィー夫人と日本を公式訪問した。44歳と若い同首相は、味覚の好みや仕事の仕方でも新しい世代の政治家であることを見せつけた。

 

初サミット前の初公式訪日

 トルドー首相は父親が元首相のピエール・トルドー氏。2008年に36歳で連邦下院議員に当選して政界入りし、2013年に中道左派・自由党の党首に。昨年10月の総選挙で保守党を破って10年ぶりに政権を奪還し、首相に就任した。新内閣の組閣では、閣僚の男女の人数を同数として評判を呼んだ。

 サミット初参加で、安倍晋三首相はこの機会を利用して日本への公式訪問を打診。トルドー首相も受け入れて、サミット前の訪問となった。

 日本としては9年間のハーパー前政権の下で良好だった2国間関係の継続発展と、カナダを含め大筋合意した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の早期批准の重要性の念押し、さらにサミットで協力し合っていくことを確認する狙いがあった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順