北朝鮮「最高人民会議」(下)新味ない「5カ年戦略」と「健康不安」

平井久志
執筆者:平井久志 2016年7月8日
エリア: 朝鮮半島

 最高人民会議では党大会で明らかになった「国家経済発展5カ年戦略」の遂行についても討議が行われ、朴奉珠(パク・ポンジュ)首相が報告を行った。
 第7回党大会では「国家経済発展5カ年戦略」が示されたが、具体的な数値目標などは出なかった。最高人民会議ではこの戦略の「遂行」に関して討議されるだけに、もう少し、この戦略が具体的に明らかにされるかと期待されたが、そうはならなかった。朴奉珠首相は「国家経済発展5カ年戦略は近いうちに社会主義経済強国を建設できる道を明示した最も科学的で革命的な戦略」としたが、それにしては具体性がなかった。
 金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は党大会での報告で「党の新たな(経済建設と核武力建設を同時に進める)並進路線を堅持し、エネルギー問題を解決しながら、人民経済の先行部門(電力、石炭、金属、鉄道運輸部門)、基礎工業部門(主に機械工業)を正常軌道に乗せ、農業と軽工業生産を増やし、人民生活を決定的に向上させるべきだ」と述べたが、朴奉珠首相もこれを繰り返したに過ぎなかった。

「200日戦闘」と「万里馬速度」

 北朝鮮は党大会まで「70日戦闘」を行ったが、党大会が終わると5月26~28日に平壌で「党・国家・経済・武力機関活動化連席会議」を開催し、「国家経済発展5カ年戦略」を遂行するために「200日戦闘」にまもなく突入すると宣言した。朝鮮中央通信は5月30日に金正恩党委員長が建設中の保健酸素工場の建設現場を指導し「全国千万の軍民が国家経済発展5カ年戦略遂行の突破口を開くための衷情の200日戦闘に進入する」と述べ「建設者たちが保健酸素工場の建設において万里馬速度創造の炎をさらに激しく燃え上がらせることによって共和国建設記念日の9月9日までに立派に完工する」との期待と確信を表明したと報じた。
 北朝鮮の労働者は「70日戦闘」に続き、年末まで「200日戦闘」の苦役を課せられることになった。こうした動員型の生産増大運動は過去にも繰り返し行われたが、電気などのエネルギー事情が悪く、原材料などが円滑に供給されていない北朝鮮の現状では、あまり成果は期待できず、住民に長時間労働を強いるだけであろう。
 朝鮮には1日に千里を走る「千里馬」伝説がある。朝鮮戦争(1950~53年)後の1956年12月に金日成(キム・イルソン)主席が党全員会議で提唱した生産増大の大衆運動で、その時は大きな成果を生んだとされる。金正恩政権になって、この「千里馬」の上を行く「万里馬速度」が強調されている。しかし、過度な「速度戦」は手抜き工事などを生んでいるとみられる。
 金正恩政権は市場経済的な要素を取り入れることで経済を活性化させてきたが、党大会前から動員型経済生産増大運動への傾斜が目立っている。これで労働者の労働意欲が続くかどうか疑問だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順