インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「トランプ・ファイル」を入手したロシア:米大統領選めぐりサイバー情報戦争

春名幹男
執筆者:春名幹男 2016年7月20日
エリア: 北米 ロシア

 米大統領選の民主党候補指名を掴んだヒラリー・クリントン前国務長官(68)。私用メールを公務に使用していた問題で7月5日、コミー連邦捜査局(FBI)長官から「刑事訴追しない」とのお墨付きを得た。これで万全の態勢で選挙戦に臨めるか、と陣営では期待が高まったかもしれないが、なお彼女に対する疑惑が尾を引いている。ABCテレビとワシントン・ポスト紙の世論調査だと、米国民の6割近くが彼女の行為を疑問視、FBIの判断を「支持しない」と答えた人は56%で、「支持する」の35%を大きく上回った。
 その後、クリントン氏の私用サーバーがロシアのサイバー攻撃を受けていた疑いが浮上した。
 さらに、複数のロシア情報機関が米民主党全国委員会のコンピューターにサイバー攻撃を仕掛けていた事実が表面化した。一体、ロシアの狙いはどこにあり、どんな情報が盗まれたのか。米大統領選はロシアも絡んだサイバー情報戦争の様相も呈してきた。

グッチファーは米国に移送

 クリントン前長官のeメール問題は、今年1月本欄で伝えたように、彼女と親しいジャーナリスト、シドニー・ブルメンソール氏(67)のeメールアカウントがハッキングされていたことがきっかけだった。彼が前長官に対して間違ったリビア情勢を報告していた事実などが、前長官あてのeメールから判明した。
 これは、通称「グッチファー」(本名マルセル・レヘル・ラザール=44)と呼ばれる奇妙なルーマニア人ハッカーの仕業だった。世界を支配する秘密結社とも言われる「イルミナティ」の実態を暴くのが動機とも伝えられ、ブッシュ前大統領の妹ドロシー・ブッシュ・コッチさんやパウエル元国務長官らのeメールアカウントもハッキングしていた。
 前大統領が趣味で絵を描いていたことや、父のブッシュ元大統領が病気であることなども暴いた。懲役7年の罪で、ルーマニアの刑務所で服役していたが、今年4月米国に移送され、現在バージニア州の拘置所で拘留中。
 そのグッチファーがNBCテレビとのインタビューで「クリントン前長官のサーバーにもアクセスしていた」と認めていたというのだ。これに対して、クリントン選対本部などは「サーバーは安全で、ラザールの発言には根拠がない」と否定。
 コミー長官も7日の下院監視・政府改革委員会での証言で「彼はやっていない。彼自身、それはウソだと認めている」と述べたが、火消しにはならず、米メディアでは引き続き、この疑惑も取りざたされている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順