「再クーデター」の可能性も? 30年以上前に「先祖返り」したタイ憲政

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2016年8月10日
カテゴリ: 国際 政治 社会
テレビでクーデターを発表したプラユット暫定首相(中央)(C)時事

 

 8月7日、タイでは、2014年5月に決行されたインラック政権打倒のためのクーデターによって停止された憲法に代わる新憲法草案の是非を問う国民投票が実施され、賛成61.4%(反対は38.6%)、「軍政から民政への移行期間」を5年間と設定する付帯事項が賛成58.11%(反対は41.89%)という結果をえたことで、新憲法実施の後、1年後に予定される総選挙を経て民政移管へと動き出すこととなった。なお投票率は54.6%だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top