池内恵の中東通信
池内恵
執筆者:池内恵 2016年10月13日
カテゴリ: 外交・安全保障 国際
エリア: 中東 アフリカ

再びバーブル・マンデブ海峡の米海軍艦船に対するミサイル攻撃が

2016年10月13日 07:00
ここのところ続けて言及してきた紅海岸地域の安全保障問題、特にバーブル・マンデブ海峡の安全通航をイエメンの多くを制圧したフーシー派が脅かす兆しについて、続報である。10月9日に続いて、10月12日にまたも、バーブル・マンデブ海峡に急派された米海軍艦船USS Masonに対し…
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
中東通信の最新記事

2018年の中東はもちろん課題山積

2018年1月18日 15:09
中東諸国のニュースやオピニオンを英語で解説してくれる便利なウェブサイトとしてすっかり定着したAl-Monitorが、2018年の中東の課題を展望している。中東各地で現地に密着した多くの書き手を抱えているためもあるのだろうが、列挙される課題は52もある。 "Al-Monitor's 2018…
続きを読む>>

エルドアンのアフリカ戦略がスーダンの紅海岸スワーキン島に及ぶ

2017年12月27日 02:19
トルコのエルドアン大統領が12月24日からアフリカ諸国(4日間でスーダン、チャド、チュニジアを廻る予定)を訪問しているが、最初の訪問地スーダンで、興味深い動きを見せた。スーダンの紅海岸の歴史的な港湾都市スワーキンの再建を、トルコが行う合意を結んだとエルドアンは…
続きを読む>>

トランプはエルサレム首都承認と大使館移転の意志表明した直後に大使館移転繰り延べ命令に署名

2017年12月8日 01:53
トランプは12月6日に署名した宣言文および演説でエルサレムを首都と認め、大使館のエルサレム移転の決意を表明したが、その直後に、1995年に議会が可決した「エルサレム大使館法」の適用を6カ月免除する大統領令にも署名している。これは「エルサレム大使館法」の規定により…
続きを読む>>

トランプのエルサレム首都承認の宣言文と演説テキストの違い

2017年12月8日 01:30
12月6日の米トランプ大統領の演説の内容は、事前に公開しておいた「中東―危機の震源を読む(94) トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか」で書いておいた通りであったため、それほど付け加えることはないが、「中東通信」欄で、あらためて演説の本文内容・構成…
続きを読む>>

米国はイスラエルにトランプ演説への反応を抑制するように水面下で要請

2017年12月8日 01:20
米トランプ大統領は12月6日の演説でエルサレムをイスラエルの首都と認めたが、これに対しては予想された、あるいは危惧されていた反発が、随所から表明されている(例えばパレスチナ・ガザを支配するハマースによる反応)。それらが形式や表向きの意見表明なのか、具体的な対…
続きを読む>>

<<池内恵の中東通信に戻る
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top
/*---------------------------------------------------------- カテゴリー設定 ----------------------------------------------------------*/