混迷のフランス政界地図(下)「フィヨン・スキャンダル」浮上で保守派に激震

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2017年2月2日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ
フィヨン元首相は、保守派の大統領候補として有力だったはずなのだが…… (c)AFP=時事

 社会党・左派の予備選挙でアモン氏が大統領候補に選出されたところだが、これで左派の体制が整ったわけではない。党内では予備選で戦ったヴァルス前首相が歩み寄りを見せているが、左派色の強いアモン氏には党内右派が反発を強めて、マクロン氏支持に回りつつあるという情報もある。環境派のジャド氏はアモン氏との会談の意向を示している。アモン氏は政策綱領を、大統領選挙本選に向けて穏健路線に修復させる予定と伝えられるが、いずれにせよ左派は自派の結集という第2ラウンドを戦わねばならない。その意味では昨年11月末に、フランソワ・フィヨン元首相に候補者を決めた保守派は、大統領選挙本選に向けた選挙活動を一足先に進めることができるはずだった。しかし「好事魔多し」、政治の世界は、一寸先は闇だ。
 フランス大統領選挙はこれまでだと、2~3月にかけて立候補者が出そろい、そのころから政策全般にわたる議論が戦わされる。ほとんど考えうる限りのテーマが、毎週のように入れ代わり立ち代わり議論されて、最後に大統領候補のイメージと重なって有権者の投票行動が決まる。しかしそれまでに候補はさまざまなスクリーニングを経験させられ、毎度のように候補者をめぐるスキャンダルが加わる。今回は、フィヨン氏と保守派にスキャンダルの大波が寄せてきたのである。
 社会党・左派の候補者が決まった1月29日、実はその日はフィヨン保守派・共和党(LR)候補の最初の決起集会の日でもあった。しかしフィヨン候補の選挙活動はその出発から躓いてしまった。フィヨン夫人の架空雇用・公金流用疑惑が巻き起こったからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順