日本は「同盟国」ではなく「人質を取られた国」:映画『スノーデン』オリバー・ストーン監督インタビュー

冒頭、「政治的な話より、映画の話を」と断っていたが、政治的質問が出ると話が止まらなかった(筆者撮影)

 

 2013年6月、英紙『ガーディアン』が報じたスクープが世界を震撼させた。米国家安全保障局(NSA)が世界中で電話を盗聴し、メールやSNSなどの通信を傍受。同盟国も例外なく対象となり、ドイツのメルケル首相、日本では官房長官秘書官や財務省、経産省、日本銀行、そして大手企業らの幹部の電話が盗聴されていた。その事実を同紙に告発したのが、NSAの職員だったエドワード・スノーデン(33)。彼が告発に至った動機や葛藤、公表を阻止しようと焦る米英政府の凄まじい圧力の様子などを描いた映画『スノーデン』が現在公開中だ。

 監督はオリバー・ストーン(70)。『プラトーン』(1986年)、『7月4日に生まれて』(89年)、『JFK』(91年)など骨太の社会派ドラマを描くことで知られている。

 公開直前に来日した監督に、記者会見とその後の個別インタビューで話を聞いた。

 折しも最近、ロシアのプーチン大統領が、スノーデンをアメリカに送還する可能性を示唆したとの報道もあった。トランプ大統領との蜜月関係を強調したい狙いがあると見られている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
内木場重人 フォーサイト副編集長
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順