饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(226)

「3年前のメニュー」との比較でも窺える「サウジ国王」の和食好き

西川恵
執筆者:西川恵 2017年3月23日
エリア: 中東 日本
夕食会の挨拶にも日本と皇室への深い尊敬の念がにじみ出ていた(C)時事

 

 王族、随員、企業関係者など1000人以上を従えて来日(3月12日~15日)したサウジアラビアのサルマン国王(81)。めったに外遊しない同国の国王としては、1971年のファイサル国王以来46年ぶりの来日だった。

 国王の来日はふつう国賓や公賓といった儀礼的要素が強い形式となるが、今回、サルマン国王は実務協議が目的の公式実務訪問賓客の資格で来日した。

 しかしサウジを含め中東の王室は、長い歴史と伝統をもつ日本の皇室に強い尊敬の念を抱いている。これを知る日本側も政府と皇室が巧みに役割を分担し、儀礼的側面もしっかりフォローした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順