深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(202)

「安倍一強体制」の揺らぎで動き出した「自民党内政局」

2017年7月28日
カテゴリ: 政治 社会
エリア: 日本
ポスト安倍を狙う岸田氏(左)、麻生氏(右から2番目)、石破氏(右) (C)時事

 

 安倍内閣の閣僚や自民党議員の失態、さらには安倍晋三首相自身に絡む疑惑など不祥事が相次ぐ中、自民党は東京都議選で歴史的大敗を喫した。挙げ句の果てに、自衛隊「PKO日報」問題の責任を問われた稲田朋美防衛相が辞任に追い込まれた。安倍首相の任命責任を追及する声も上がっている。当然、内閣支持率は急降下中で、安倍政権の失速は火を見るより明らかである。

 今すぐに政権が倒れるというほどのものでもないが、与野党の関係は「安倍一強体制」と呼ばれたころから確実に変化した。また、自民党内に目を向けると、来年9月の自民党総裁選で、これまでは安倍首相の3選が確実視されていたが、今や党内政局は流動化しつつある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top