堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(85)

「水割り左翼」と「リベラル厚化粧」で国難に突入!

執筆者:青柳尚志 2017年9月29日
カテゴリ: 政治 社会 IT・メディア
エリア: 日本
無所属になるために代表になり、首相を狙うために都知事になった、のか(C)時事

 

 賽は投げられた。解散・総選挙は政界激変の引き金になろうとしている。安倍晋三首相の解散表明をかき消すような、小池百合子東京都知事による新党の立ち上げ。25年前に日本新党に加わって以来、次々と政党を乗り換えてきた女性都知事にとって、安倍首相による抜き打ち解散は千載一遇のチャンス。あわよくば、自らが首相にという彼女の野望が、日本の政治と経済を引っかき回そうとしている。

民進党は「流れ解党」

 北野武監督・主演の『アウトレイジ』。全員暴走の悪人たちが裏切りと画策を繰り広げる、この極道エンターテインメント映画を、よくもこれだけ政界の悪役たちが地で行く展開である。9月17日に各紙・テレビが報じた「9月解散・10月総選挙」の報に、政界は浮足だった。なかでも解散・総選挙を求めていたはずの民進党は、当日予定されていた自由、社民両党との党首会談を急遽中止せざるを得なかった。安倍首相の仕掛けた奇襲に算を乱す姿は、早くも勝負あったの感を抱かせた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:26
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top