「世界華商大会」で見えた中国の「一帯一路」華人企業家人脈

樋泉克夫
華人実業家を「一帯一路」に役立てたい習近平国家主席(右)と兪正声全国政治協商会議主席 (C)AFP=時事

 

 9月15日から18日の間、ミャンマー旧首都ヤンゴンのMCCC(緬甸中華総商会)会議センターで世界各国・地域の華人系企業家に中国の企業家も加えた2300人余が参加し、「世界華商大会(英語名はWORLD CHINESE ENTREPRENEURS CONVENTION)」が開催された。回を重ねること14回。規模の面では最多時の第6回南京大会の半分以下に止まってはいるものの、1991年の第1回シンガポール大会から注視し続けてきた経験から見て、ヤンゴンという開催地それ自体に、大会の歴史を画す意味があるように思える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top