続・ドイツ総選挙:旧東独で「極右躍進」は「不満の鬱積」か

執筆者:花田吉隆 2017年10月9日
エリア: ヨーロッパ
AfDの「共同筆頭候補者」として「不満」の受け皿となった新星アリス・ヴァイデル氏(C)AFP=時事

 

 前稿(2017年10月3日「ドイツ総選挙『極右台頭』の『正しい読み解き方』」)で、ドイツ総選挙における、極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の得票が旧東独に偏っていることについて、簡単に触れた。この点をもう少し補足しておく。

 今回AfDは、全国では12.8%の票を獲得したが、旧東独に限ってみれば22.5%である。さらに、チェコと国境を接する旧東独東南端のザクセン州では、この数字が何と27.0%に上る。実に4人に1人がAfDに投票した計算だ。同州では極左の左派党が16.1%得票しているので、これを併せれば実に43.1%となり、全有権者の4割が、左右いずれかの過激主義政党に投票したことになる。これは衝撃的である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top