深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(204)

大勝「安倍新政権発足」でも「8割」ではない「改憲勢力」

2017年11月1日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本
「改憲確実」ではないと気づいていただけにか、開票時も硬い表情だった(C)時事

 

 第48回衆議院選挙は自民党の勝利で終わり、本日(11月1日)召集される特別国会で行われる首相指名によって、第4次安倍晋三政権が発足する。が、惨敗した希望の党と公認候補擁立を見送った民進党の混乱は、今もまだおさまらない。

 投開票があった10月22日前後の全国紙報道を見渡すと、自民勝利の原因は希望の党を率いた小池百合子代表(東京都知事)の「発言」にあるという分析でほぼ一致している。一部の民進党議員については希望の党への入党を認めない方針を明確に示した、いわゆる「排除」発言である。また、それに付随する野党分裂が自民党に有利に働いたとも報じられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top