「こんなに悩んだ役はない」:映画『全員死刑』母親役・入絵加奈子インタビュー

執筆者:フォーサイト編集部 2017年11月27日
エリア: 日本
実際の事件では「主導者」と認定された母親役を”怪演”(C)2017『全員死刑』製作委員会

 

 2004年9月、福岡県大牟田市で1家4人が共謀し、金銭トラブルからわずか2日で知人家族ら4人を殺害した強盗殺人・死体遺棄事件が起きた。地元暴力団組長の父親(当時60)と母親(同45)、傷害致死の前科があった長男(同23)と次男(同20)が相次いで逮捕。裁判では家族4人全員に死刑判決が下り、確定したという犯罪・刑法史上稀にみる特異な事件である。

 犯行の手口は、絞殺のうえ遺体を重し付きで川に遺棄し、貴金属を強奪。拳銃で射殺するもまだ存命と分かるやアイスピックで複数回刺し絶命させ、車ごと川に沈めるという凶悪残忍かつ無軌道なものだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top