「北朝鮮危機」対処の処方箋(下)「火星15」が使いものにならない「理由」

伊藤俊幸
執筆者:伊藤俊幸 2017年12月12日
カテゴリ: 外交・安全保障 政治
11月29日、「火星15」の発射成功を喜び、ガッツポーズの金正恩党委員長[KCNA提供] (C)EPA=時事

 

 ではなぜ、米国はここまで中国に圧力をかけ続けることができるのか。今回発射されたICBM「火星15」は、とうとう米本土を射程に入れ、米国の直接的な脅威は飛躍的に増大した、と言われているのに、なぜ自ら動かず、北朝鮮問題の解決を中国に任せようとするのか。

 答えは簡単である。米国は、北朝鮮のICBMは米国に届く兵器として完成しない、と判断しているからだ。それは米本土に届くかどうかだけではない。ハワイにもグアムにも核付きミサイルを落とすことなどできない、と見ているのである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
伊藤俊幸 元海将、金沢工業大学虎ノ門大学院教授、キヤノングローバル戦略研究所客員研究員。1958年生まれ。防衛大学校機械工学科卒業、筑波大学大学院地域研究科修了。潜水艦はやしお艦長、在米国防衛駐在官、第二潜水隊司令、海幕広報室長、海幕情報課長、情報本部情報官、海幕指揮通信情報部長、第二術科学校長、統合幕僚学校長を経て、海上自衛隊呉地方総監を最後に2015年8月退官。
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top