ラブロフ外相の喫煙外交

名越健郎
執筆者:名越健郎 2011年11月10日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア

 ロシアのラブロフ外相が近年、北方領土問題で反日発言を繰り返しており、「外相がこれでは、動きようがない」(日本外務省幹部)といった恨み節が聞かれる。

 確かに、ラブロフ外相は近年、「日本が第2次大戦の結果を認める以外に道はない」「4島へのロシアの主権は国際法で確認されている」などと強調。昨年11月のメドベージェフ大統領の国後島訪問についても、「これはロシアの領土だ。ロシア大統領がロシアの領土、地域を訪問したにすぎない」と開き直り、大統領の色丹島視察の可能性にも言及した。

 今年10月には、ラジオインタビューで、ロシアが北方領土を自国領とする根拠として、「国連憲章107条(敵国条項)に単純明快に記されている」と述べた。外相は10年間国連大使を務めており、国連憲章には詳しいが、ほとんど死文化している敵国条項まで持ち出すのは異常だ。

 外交筋によれば、近年は日露の外交官同士が夜、一緒に食事することもないという。1990年代には日露外交官同士が親密だったが、これでは交渉も進むはずがない。これもボスの反日志向の影響かもしれない。

 ラブロフ外相は2004年の就任当初は対日外交に積極的で、「領土問題に真剣に取り組む」などと公言していた。それがなぜ、ここまで悪化してしまったのだろうか。外相が04年秋、テレビ番組で、歯舞、色丹の2島返還による解決策を提案し、日本側にあっさり蹴られたことに激怒したとの説もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順