イエメンの暫定大統領就任で民主化は進むか

池内恵
執筆者:池内恵 2012年2月26日

 2月21日に行われたイエメンの大統領選挙で、唯一の候補だったハーディー副大統領(Abd-Rabboh Mansour Hadi)の当選が24日に発表され、25日には早くも就任式が行われた。

http://www.nytimes.com/2012/02/26/world/middleeast/abed-rabu-mansour-hadi-sworn-in-as-yemens-new-president.html?_r=2&ref=global-home

  これで1978年の北イエメン大統領就任以来権力を握って来たサーレハ(Ali Abdullah Saleh)が大統領の地位を公式に退いた。ハーディーは2年任期の、移行期の暫定大統領とされる。

 昨年1月27日、エジプトと並行して勃発した大規模デモが持続・恒常化し、主要都市が圧倒的な数の反政府抗議行動で埋まる一年間を経た(一人のノーベル平和賞受賞者まで生みだした)イエメンの体制動揺を、終息させることになるとは思えない。

  実質上の「単一候補」を国民に示し「信任」投票を迫るという手続きは、サッダーム・フセイン(イラク)、ムバーラク(エジプト)、アサド父子(シリア)な どアラブ諸国の「共和制」諸国の政権が常套手段にしてきたもので、サーレハも同様の選挙を繰り返し、33年にわたって大統領を続けてきた。新大統領のハー ディーは、17年間サーレハの下で任命制の副大統領を務め、昨年11月にはサーレハから権限を委譲され大統領代行を務めてきた。最低投票率も定められてお らず、「ボイコット」も不可能な、選択の余地が極めて限定された選挙だった。発表された「得票率99・8%」というのもそれらの独裁政権の選挙と似通っている(投票率は64.8%とされている)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順