ナポレオン、ヒトラーに続く侵略

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年3月24日
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 プーチン首相が約64%の得票で当選を決めたロシア大統領選挙戦では、プーチン氏の過激なレトリックが気になった。過去2回のような余裕はなく、敵と見方を分け、戦時さながらの言辞を駆使した。

 2月23日、モスクワのルイジニキ・サッカー場で行なわれた10万人の支持者集会で演説したプーチン氏は、米国を念頭に「ロシアに自らの意思を押し付けようとする外部勢力」を糾弾。「われわれは自由な意思を持つ。内政干渉を許さない」と強調。

 演説は最後にクライマックスを迎えた。今年がナポレオン軍のモスクワ侵攻を撃破したボロジノの戦いから200周年になることを想起し、レジスタンスを称賛した詩人レールモントフの詩を引用、「われわれは祖国の守護者だ。兄弟たちのように、死んでもモスクワを守る」と述べた。

 プーチン氏は絶叫しながら、こぶしを振り上げて演説を締めくくった。「ナポレオン戦争と同様、生きるか死ぬかの戦いだ。ロシアをめぐる戦いは続く。勝利はわれらのものだ」  「勝利はわれらのものだ」は、1941年のドイツ軍侵攻直後、モロトフ外相が国民向けに行った有名なラジオ演説の締めの一節。ナポレオン、ヒトラーのロシア侵攻と、反政府デモ隊や米国の選挙干渉を同列に置くすさまじい比喩だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順