北朝鮮の「70年代キャンペーン」、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年10月15日

 本日の更新記事は、平井久志さんの「『経済改革』を前に身震いする金正恩後継体制(下)『70年代キャンペーン』の意味」です。北朝鮮で着々と進む「経済改革」準備。「改革」が社会的な混乱を引き起こす可能性もあるだけに、一方で社会統制を強めることを宣言しています。

 「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

 「米大統領選『人工妊娠中絶』をめぐる攻防」(アメリカ、足立正彦さん):第1回討論会で圧勝し、「ジェンダーギャップ」も克服したロムニー候補。次の争点は人工妊娠中絶です。

 「莫言のノーベル文学賞に対する中国の複雑な心境」(中国、野嶋剛さん):莫言氏のノーベル賞受賞。中国側の反応をざっと見回してみると、「手放しで狂喜」というものではなく、微妙な感じです。

 「印中武力衝突50周年に思うこと」(インド、山田剛さん):大規模軍事衝突から10月20日で50年。印中両国には今でも領土問題は存在しますが、「国境問題にはゆっくりと取り組んで、その間に実利外交を推進しましょう」という大人の関係です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順