饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(175)

日本文化を支えた大使夫人の活動――栗山昌子さんの「ミミ・サロン」

西川恵
執筆者:西川恵 2012年12月17日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 日本
 「ミミ・サロン」参加者のアルバムを開く栗山昌子さん(筆者撮影)
「ミミ・サロン」参加者のアルバムを開く栗山昌子さん(筆者撮影)

 大使夫人の活動は一般に知られていない。しかし任地で創意工夫を凝らし、幅広い交流と人脈を築き、夫の仕事に貢献している人も少なくない。これは日本外交にも有形無形の財産として跳ね返っているのである。

 元駐米大使、栗山尚一氏の夫人の昌子さんはダイナミックで活動的な外交官夫人として知られている。初めて大使夫人として暮らしたのはマレーシア(1985-87年)だった。マレーシアについての知識がまったくなかった昌子さんは、赴任前、多忙な夫に代わって1カ月間、外交研修所に通い、マレー語とマレーシア事情の講義を受けた。

「あれは本当に役立ちました。行ってすぐ習いたてのマレー語で話しかけ、部屋には靴を脱いで入るという向こうの習慣に従ってそうすると、『エッ、なぜ知っているの』とびっくりされました」

 昌子さんは「仲良くなるには政治と経済だけではダメ。心を通じさせなければ」と、婦人会の文化的活動に参加し、多くのマレーシアの友人を作った。夫が外務次官になり、残念ながらわずか1年半で帰国することになったが、帰国後、「マレーシアの魅力」という本を上梓。両国の友好促進に尽力した功績でマレーシア国王から勲章を授与された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順