饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(176)

夫の退職後も途上国支援を続ける大使夫人たち

西川恵
執筆者:西川恵 2013年1月17日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 前回、栗山尚一元駐米大使夫人の昌子さんがワシントンで取り組んだ文化活動を紹介した。実は大使夫人たちの中には任地で築いた人脈を生かし、夫が外務省を退職した後も、第3世界の国々や途上国の子供や貧しい人たちへの支援に取り組んでいる人も少なくない。アジアとアフリカの支援に携わる2人を紹介しよう。

 フィリピンの学生を支援する角谷さん(「日比パガサの会」提供)
フィリピンの学生を支援する角谷さん(「日比パガサの会」提供)

 角谷允子(まさこ)さん(78)がフィリピンのストリートチルドレンの就学支援を目的に、友人らと「日比パガサの会」を立ち上げ、代表に就いたのは1989年10月。夫の清氏が3年余の駐比大使を終え、帰国して1年半後のことだ。パガサとはタガログ語で希望を意味する。

 フィリピン滞在中、角谷さんは大使夫人として多くのチャリティー活動に参加したが、北部の都市バギオで日系フィリピン子弟の地位向上に携わっていたシスター海野(うんの)の支援もその1つだった。

 フィリピン人女性と日本人男性の間に生まれた日系の子供たちが恵まれない環境に置かれている中、シスターはフィリピン人の母親とその子たちが自活できるようにするため奔走していた。角谷さんは友人らとチャリティー演奏会やバザーなどを開き支援した。シスターはその後、この活動について角谷さんに後事を託してガンで亡くなった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順