アベノミクスvs.アソウノミクス

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2013年1月31日
エリア: 日本
 安倍氏(右)と麻生氏(中央)の路線が衝突するのは時間の問題?(c)時事
安倍氏(右)と麻生氏(中央)の路線が衝突するのは時間の問題?(c)時事

 第2次安倍晋三内閣が発足して1カ月が過ぎた。政権が正式に発足した12月26日の前日である12月25日の日経平均株価終値は1万80円だったが、1カ月を経た1月30日には2年9カ月ぶりに1万1000円台を回復した。円相場は政権発足前日に1ドル=84円74銭だったものが、1月28日には一時1ドル=91円台に乗せた。株高と大幅な円安はともに、安倍首相が掲げる経済政策、いわゆる「アベノミクス」を先取りした動きである。

 安倍首相は就任以来「経済再生」を政策の柱に据え、大胆な金融緩和と機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略の3つを同時に展開する方針を示している。安倍首相言うところの「3本の矢」である。中でも「大胆な金融緩和」はアベノミクスの主軸とも言える。もともと安倍氏が首相就任前からこだわっていたのが、この「大胆な金融緩和」なのだ。

 

「リフレ派」シンポジウムに出席した安倍氏

 政権再交代から1年以上前に遡る2011年11月、あるシンポジウムに安倍氏の姿があった。「日本再生のカギは日銀法改正にあり~日銀の金融政策に疑義~」と題する超党派のシンポジウムで、衆議院第一議員会館の会議室で開かれた。ここに民主党の鳩山由紀夫・元首相、みんなの党の渡辺喜美代表と共に、安倍氏があいさつに立ったのだ。もちろんまだ自民党が野党時代の話で、安倍氏は総裁にもなっていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順