インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米国に13のサイバー攻撃チーム――「交戦規定」でサイバー冷戦深刻化

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年3月21日
エリア: 中国・台湾 北米
 「サイバー軍拡」を進めるオバマ米大統領 (C)AFP=時事
「サイバー軍拡」を進めるオバマ米大統領 (C)AFP=時事

 オバマ米大統領は中国側とは腫れ物に触るようにして接する。3月14日、習近平国家主席の就任祝いで電話した時もそうだ。

 「実務的な協力関係の拡大」のため財務長官や国務長官が訪中する予定を告げ、対中貿易・投資の拡大や知的財産保護の重要性に言及、それに関連して「サイバー安全保障の脅威」が共通の挑戦だと述べた。

 恐らく、最も言いたかったのは中国のサイバー脅威のことだが、反発されないようにと、ずいぶん回りくどい言い方をしたものだ。

 オバマ政権は年明けから、サイバー戦に関する体制を整備してきた。今後、サイバー戦争の「交戦規定」をまとめ、2015年までにサイバー攻撃が可能な13チームを結成する予定という。米国のサイバー軍拡に対して、中国はどう対応するだろうか。

 

大統領政策指令でサイバー戦ドクトリン

 米情報機関はこのほど、サイバー・スパイと経済的損失に関する「国家情報評価(NIE)」をまとめた。またオバマ大統領自身は「サイバー作戦」をめぐる「大統領政策指令(PPD)」20号を発出したばかり。このPPDにはサイバー戦に関する新オバマ・ドクトリンが盛り込まれているといわれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順