アジアの著作権とアダルトビデオ

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年4月1日
エリア: 中国・台湾

 最近やたらに著作権にみんながこだわるようになり、有り難い半面、面倒くさい思いをすることも増えてきたが、そんななかで、著作権とは一体どういうものなのかを考えさせる司法判断が台湾で示されて話題になった。

 台湾でアダルトビデオ(AV)の有料ダウンロードサービスを提供している会社11社に対し、日本のAVのメーカーなどが著作権法違反で訴えていたのだが、AVは観客に性欲を引き起こすことを追求したもので、著作権法の定義する「文学、芸術、科学などの創作」には該当しないとして、「著作権法の保護を受けることはできない」との理由で検察側は台湾の企業を不起訴処分とした。

 これは1999年の台湾の最高裁判所の判決に基づく判断だという。日本のAVメーカーはわいせつ物頒布だとも訴えていたのだが、これらのサイトには未成年の閲覧を制限するメッセージがあることでわいせつ物の頒布にあたらないと判断された。

 つまるところ、「AVを作ることはいけないが、AVを売って儲けることは違法ではない」ということになる。そんなバカな、と思われるかもしれない。日本では著作権法の保護を受けることが判例でも確定している。あまりに過激なものでもない限り、公序良俗に反してはいない、という考えである。しかし、日本のようにAVが開放されている社会は、かえって世界の中では、特にアジアでは少数派なのである。つまり、この問題の背後には、AVをどう考えるかという文化的な問題が横たわっており、日本のようにAVが合法的な社会と、台湾のようにAVが違法な社会との違いを物語っているのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順