「大震災から2年半」と「緊張続くシリア問題」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年9月11日

本日の更新記事は、吉野源太郎さんの「『東京五輪決定』の背後であがる『フクシマ』の悲痛な叫び」です。今日9月11日は、東日本大震災からちょうど2年半。が、いまだに多くの被災者が仮設住宅での生活を余儀なくされるなか、世間は東京五輪で過熱気味。とりわけ、IOC総会での最終プレゼンで出た安倍首相の発言に「フクシマ」の人々は胸を痛めています。無料公開中です。

「専門家の部屋」では、3本の新エントリがあります。

まず「中国」では、「台湾『総統vs.立法院長』の政争が突如火ぶた」(野嶋剛さん):司法スキャンダルを機に、馬総統が党内最大のライバル・王立法院長に宣戦布告。台湾で久しぶりに大型の政争勃発です。

そして「中東」には、急展開となっているシリア問題で以下の2本。

ラブロフ提案は米ロによる『シリア内戦国際管理』につながるか──シリア問題への熟考(3)」(池内恵さん):シリアの化学兵器を国際管理下に置こうというロシア・ラブロフ外相の提案は、得意の時間稼ぎ戦略にも見えますが、オバマ大統領は好意的に反応しており、状況打開の「出口」となる可能性もあります。

『化学兵器管理』を一致点とする大国間の取引──シリア問題への熟考(4)」(池内恵さん):「ラブロフ提案」が米露両首脳の間で話し合われたものであることを、オバマ大統領は認めました。この案に中国も賛意を表明。国連安保理での動きも期待されます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順