「ケニア・テロ」で垣間見えるアルシャバブの「不気味な広がり」

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年9月25日
カテゴリ: 国際 社会

 ケニアの首都ナイロビのショッピングモールで武装集団が実行したテロ攻撃は、本稿を執筆している日本時間25日朝の時点で、ケニア当局による実行犯全員の拘束・殺害が続いており、遺体の収容も完了していない。実行犯グループの特定と背後関係の解明は、ほとんど手付かずと言ってよい。事態は流動的で不確定だが、今回の事件にはアフリカにおける日本人の危機管理という点で、少なくとも注目すべき2つの重要な論点があると思う。

 1つは、実行犯グループにアフリカ域外の者が含まれていた可能性が強まっているということ。もう1つは、犯行声明を出した隣国ソマリアのイスラム過激組織アルシャバブによるテロの標的が、東アフリカの経済拠点ナイロビの商業施設だった点である。

 

女テロリスト「白い未亡人」

 まず、実行犯グループについて考えたい。今回の実行犯グループは15人程度とみられているが、ケニアのモハメド外相は事件発生から2日後の23日、実行犯に英国人の女1人と米国人2-3人が含まれているとの見方を明らかにした。襲撃発生時にショッピングモールにいた買い物客も、地元メディアの取材などに対し、犯行グループに「白人の女」が含まれていたと証言している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順