2014年の注目点:中国は中東政治に関与を深めるか

池内恵
執筆者:池内恵 2014年1月21日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 2014年の中東情勢での一つの注目点は、2013年に顕著になった米国の覇権の再編と希薄化に対応して、ロシア、そしてついに中国が、安全保障を中心とした政治面で域外大国として中東に深く関与していくかどうかである。

 その意味で、年初の中国・王毅外相へのアル=ジャジーラのインタビューは注目すべきである【中国外務省による全文の英語アラビア語】。ここで王毅外相は、中国はアラブ世界に経済だけでなく政治・安全保障・軍事の分野でも(not only in the economic field, but also in the political, security and military fields)関与していく準備がある、と見得を切っている。

米覇権「希薄化」後の秩序の担い手は

 2013年は、イスラエル、サウジアラビア、エジプト、トルコといった、米との緊密な同盟関係を保ってきた地域大国が、米国の対シリア、対イランでの政策転換で、それぞれに「罰せられた」という印象を抱き、そこからフランス、そしてロシアや中国に秋波を送る事例が相次いだ【ロシアへの接近をほのめかして牽制するエジプト首相】【トルコが上海協力機構に加盟を希望】。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順