【月】「STAP騒動」ハーバード大研究者の声

執筆者:フォーサイト編集部 2014年3月17日

先週末、藤沢数希さんの好評連載「結婚と離婚の経済学(27)『恋愛市場』と『結婚市場』で異なる市場原理」をアップロードしました。最近の調査では、20代の4割の男性が女性と全くセックスしていません。一方で、女性の8割近くは、自由な恋愛をしている。つまり、現代社会でも、自由な恋愛市場は緩やかな一夫多妻制なのです。

本日の更新記事は、大西睦子さんの「『STAP細胞』騒動『ハーバード大学』研究者たちはこう見る」です。先週末に理研が中間報告会見を開きましたが、当の小保方氏は沈黙のまま。問題の「STAP論文」主要共著者にはハーバード大学教授もいますが、同大で長年、研究者として勤務している大西さんに、同大の研究者仲間たちの受け止め方について緊急寄稿していただきました。無料公開中です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順