饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(191)

サウジ皇太子「異例の歓迎メニュー」から窺える官邸の苦心

西川恵
執筆者:西川恵 2014年4月11日
エリア: 中東
 晩餐会も和やかな雰囲気だった (C)時事
晩餐会も和やかな雰囲気だった (C)時事

 今年2月、サウジアラビアのサルマン皇太子が来日したが、官邸でもたれた歓迎夕食会のメニューにはちょっと驚かされた。料理の内容といい、ラインナップといい、これまで見たことのないものだったからだ。一片のメニューには情報が溢れている。私がどう読み取ったかご紹介しよう。

 

お寿司のあとに……

 サルマン皇太子は王位継承権第1位で、国賓に次ぐ公賓という高いレベルの訪問となった。2月18日から21日まで日本に滞在し、19日に安倍晋三首相と会談した。会談後、両首脳は共同声明を発表した。両国の包括的パートナーシップを強化するとともに、サウジは日本への石油の安定供給を約束。また両国は省エネ分野での協力などを進めていくことでも合意した。

 その後、晩餐会がもたれた。メニューは和洋折衷だった。

 

前菜

お椀

お寿司

メバルのブレゼ トリュフ入りカルナローリ米のリゾット

カナダ産オマール海老と鮑のソテー、甲殻類のエマルジョンソースとホウレン草のピューレ

フルーツの盛り合わせ

コーヒー 小菓子

 

 メニューを見て気づくのが肉を食材に使っていないことだ。すべて野菜と魚。皇太子は肉がダメなのだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順