「欧州右翼」とプーチン政権「連携」の不気味さ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年6月17日
エリア: ヨーロッパ ロシア
 欧州右翼に大人気           (C)AFP=時事
欧州右翼に大人気           (C)AFP=時事

 5月に投開票があった欧州議会選で、欧州統合懐疑派が大きく躍進したのは、すでに伝えられている通りである。フランスや英国では、左右の主要政党を抑えて第1党となった。欧州統合に反対する声ばかりでなく、既成政党への不満やグローバル化への恐れの意識も吸収し、支持を広げたと見られている。

 多くの国で、懐疑派の中心となっているのは右翼政党だ。その右翼の動きが、何やら怪しい。ウクライナ危機に介入し、クリミア半島を併合したことで世界からの孤立を深めるロシアのプーチン政権と、連携を強めているのである。

 両者の接近は、それぞれの思惑が一致した結果のようだ。プーチン政権の強権体制を理想的な「統治モデル」と考える欧州右翼は、その手法に学びたいと考えている。ロシアは、右翼と連携することで欧州内部に親ロ勢力を形成しようと狙っている。

 この現象に、欧州の主要政党はまだ「しょせん、嫌われ者同士の慰め合いだ」と静観しているようだ。ただ、欧州右翼とプーチン政権にはもともと、国家のあり方や市民の権利に関する考え方について、似通った部分がある。このつながりが将来、反グローバル化、伝統重視、権威主義といったキーワードの下で、ユーラシア規模のイデオロギー的なネットワークに発展しないだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順