「欧州右翼」とプーチン政権「連携」の不気味さ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年6月17日
エリア: ヨーロッパ ロシア
 欧州右翼に大人気           (C)AFP=時事
欧州右翼に大人気           (C)AFP=時事

 5月に投開票があった欧州議会選で、欧州統合懐疑派が大きく躍進したのは、すでに伝えられている通りである。フランスや英国では、左右の主要政党を抑えて第1党となった。欧州統合に反対する声ばかりでなく、既成政党への不満やグローバル化への恐れの意識も吸収し、支持を広げたと見られている。

 多くの国で、懐疑派の中心となっているのは右翼政党だ。その右翼の動きが、何やら怪しい。ウクライナ危機に介入し、クリミア半島を併合したことで世界からの孤立を深めるロシアのプーチン政権と、連携を強めているのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top