メッシに神は降りなかった

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2014年7月16日
エリア: 中南米

 ワールドカップ・ブラジル大会は、下馬評どおり、圧倒的な完成度を誇るドイツが、文句なしの優勝を遂げて終わった。ベスト4に残った4カ国のうち、オランダ、ブラジル、アルゼンチンが引き分けのPK戦を最低1試合は強いられたのに対し、ドイツはすべてPK戦なしで勝ちきっており、その強さが他チームより1次元上にあったことは疑いえない。その点から見ても、結果はきわめて合理的なものと言える。

 それでも、と、アルゼンチンの優勝を強く祈っていた私は言いたい。この南米でのワールドカップは、非合理なものが主役を張った大会だったのだと。

 欧州リーグのサッカーに慣れた私たちは、日本代表のみならず、ドイツの完璧さ、アルゼンチンの欠点などを、合理的に分析するだろう。それはそれで必要なことだが、ワールドカップはその合理性からはみ出した部分にこそ、神髄がある。

 

研ぎ澄まされた闘争心、ガーラ

 大会のMVPはメッシが受賞したが、個人的には、アルゼンチンの事実上のキャプテン、マスチェラーノだと思っている。ロッベンを完璧に仕留めたオランダ戦、決勝点以外のあらゆる局面をつぶしたドイツ戦で見せた戦慄の守備は、狂気さえ帯びていた。

執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順