堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(48)

「景気息切れ」で試される安倍政権の「本気度」

執筆者:青柳尚志 2014年8月29日
エリア: 日本
 内閣改造でも頭が痛いが…… (C)時事
内閣改造でも頭が痛いが…… (C)時事

 景気が夏バテし、息切れしている。4-6月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率6.8%のマイナス成長に陥ったのをはじめ、さえない数字が目立つ。7-9月期の景気がどの程度持ち直すかは、12月初めの消費税再引き上げ判断 をも左右する。経済立て直しに賭ける政権が迎える魔の時だ。

 

天候不順という逆風

 4-6月期のGDPの落ち込みは、1-3月期の実質成長率が消費税引き上げ前の駆け込みで前期比年率6.1%まで高まった反動である。政府・日銀はそうした説明を繰り返す。消費税引き上げの影響は徐々に減衰していくはずだから、7月以降の景気は回復に向かうはずだ。この辺がエコノミストの一般的な見方である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順