最大の顧客は中国:映画『世界一美しいボルドーの秘密』レビュー

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年9月23日
 「性」で財を成した中国人富豪が誇る世界一のボルドー・コレクション         (C)2012 Lion Rock Films Pty Limited
「性」で財を成した中国人富豪が誇る世界一のボルドー・コレクション         (C)2012 Lion Rock Films Pty Limited

 同じようにフランスを代表するワインであるものの、ブルゴーニュとボルドーは、大いに異なるイメージを与えてきた。

 繊細で女性的な性格を持つブルゴーニュは、一般的に小規模の畑で、職人的な技によってつくられてきた。「ブルゴーニュは旅をしない」と言われる通り、長期間の輸送に向かず、フランス国内で主に消費された。デリケート、通好みで閉鎖的。村の名前や作り手の名称が複雑に入り組んでおり、分類するのが難しい「フランス人がつくるフランス人のためのワイン」だった。

 ボルドーは、大西洋に面した地理的特性により、古くから英国に運ばれて評価を受けた。パワフルで、わかりやすくて、開放的。「シャトー」と呼ばれるワイナリーごとの評価も安定し、素人でもよしあしが判断できる。グローバル化に適した特性を備えていたと言える。だからこそ、その愛好者も英国人から米国人、さらには日本人へと、国境を越えて広がった。

 ここ10年ほど、ボルドーの最大の顧客は中国である。中国人のブランド志向を反映して、5大シャトーと言われる「ラフィット・ロートシルト」「ラトゥール」「マルゴー」「オー・ブリオン」「ムートン・ロートシルト」がもてはやされる。フランスの現地にも、中国から訪問者が殺到するようになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順