産経前ソウル支局長起訴:検察と裁判所の戦いへ

執筆者:黒田勝弘 2014年10月11日
エリア: 朝鮮半島

 ウェブサイトに書いた記事が朴槿恵大統領に対する名誉毀損にあたるとして、韓国の検察当局が産経新聞前ソウル支局長を起訴した(10月8日)。今後その当否が裁判で争われる。韓国で軍人政権時代が終わり、言論の自由が保障される民主化時代がスタートした1990年代以降、外国人記者が法廷に立たされるのはこれが2件目である。

 1件目は1993年にフジテレビ・ソウル支局長が軍事機密保護法違反で逮捕、起訴されているが、いずれも本来は保守・親韓的だったフジ・サンケイ・グループが韓国当局から非難・追及され、法的処罰の対象にされるというのは皮肉である。日韓関係をめぐる時代の変化を物語るものだ。

 

21年前のフジテレビ事件

 今回を含めこの2件には、いずれもその時の韓国の政治情勢が色濃く反映しており、時の政権の政治的思惑によって日本メディアがスケープゴートとして“血祭り”に上げられたという共通点がある。

 21年前のフジテレビ事件は、軍事専門家だった当時の支局長が、知人の韓国軍将校から得た対外秘情報を日本の軍事専門雑誌で引用し、その情報を日本大使館武官に提供していたことが罪に問われた。逮捕、起訴で1審有罪の実刑だったが2審で執行猶予がつき釈放、帰国となった。この間、半年以上も身柄を拘束されている。

執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順