「元副会長」にミスリードされる「榊原経団連」の危うさ

執筆者:杜耕次 2014年11月12日
エリア: 日本
 現在は内閣官房参与を務める   中村元副会長 (C)時事
現在は内閣官房参与を務める   中村元副会長 (C)時事

 経団連がまたもや寒風にさらされている。今年6月の13代会長人事。誰もが認める本命候補だった日立製作所前会長、川村隆(74)が頑に辞退し、OBフル動員で新たな候補者探しに奔走してようやく見つけたのが東レ会長の榊原定征(71)。ところが、にわか仕立ての“財界総理”が着任早々功を焦って打ち出した政治献金の「再開」方針が、マスコミだけでなく、財界内部でも「理論武装も不十分でまさに泥縄」(元経団連副会長)と総スカン状態。首相の安倍晋三(60)への露骨なすり寄りばかりが目立つ榊原経団連は、発足から半年足らずで早くも暗礁に乗り上げた格好だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順