水原希子とレオン・ダイはなぜ謝罪したのか?:垣間見えた「文革の亡霊」

野嶋剛
浴衣の写真も掲げて謝罪する水原希子(YouTubeより)

 

 台湾の俳優、戴立忍(レオン・ダイ)とモデル・女優の水原希子との2人が、それぞれ別の事案で先週から今週にかけて中国のネット世論の激しい批判にさらされた。戴立忍は、中国映画『没有別的愛(仮訳:ほかに愛はない)』に絡んで7月15日、撮影が終了しているにもかかわらず主役を降板させられたうえで謝罪文を発表。水原希子も、7月16日に謝罪ビデオを中国版ツイッター『微博』を通して公表した。2人とも、ほとんど「言いがかり」に等しいような理由で攻撃されて「炎上」し、事実上、無理矢理の謝罪に追い込まれた形である。

 今回の騒動を振り返れば、だれもが文化大革命時代の亡霊が再び中国に現れたということが脳裏をよぎったはずだ。そこに論理性もなければ、本人の弁明の正当性をしっかり議論する場もない。集団リンチ的な公開処刑そのもので、ますます「異質な中国」への歩みが進んでいると実感させられる。

 

まったく分からない「謝罪の理由」

 比較的シンプルな水原希子のケースについてだが、批判を受けたのは、中国の反体制アーティスト艾未未(アイ・ウェイウェイ)が、天安門に向けて中指を立てて撮った3年前の写真のインスタグラムへの投稿を、水原希子の友人が転載したものに「いいね!」を押した、という理由だった。ただ、水原希子は「いいね!」を押した1時間後には取り消していたとされる。それでも水原希子は「傷つけるつもりはなかった」「すべての中国人に心から謝罪したい」と、ビデオで深々と頭を下げた。このほか、浴衣を着て靖国神社を歩く女性の後ろ姿の写真がネットで広がり、水原希子ではないかとのデマが流されたらしく、彼女はそのことについても「これは自分ではない」と釈明した。ビデオは全編、彼女の母語と思われる英語で語っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順