病気を治すのは「いのちの力」
病気を治すのは「いのちの力」(6)

言うは易く行うは難しい「断らない医療」

執筆者:髙本眞一 2015年1月3日
カテゴリ:
エリア: 日本

 先日、17年ぶりに当直をしました。病院長になって、年目のことです。当院では、「断らない医療」を掲げています。しかし、毎日の医事課からの報告書を見ると、患者さんを断っている場合がありました。責任者に聞いてみると、それぞれの事例で、問題がある患者さんだった、あるいは、若手の医師のみに当直が集中しがちで十分なマンパワーを確保できていないために受け入れられなかったなどの説明があるのですが、なんとなく納得がいきません。

「患者さんに問題がある」とは実際にどういうことなのか。マンパワーが足りないのならば、もっと志願者を増やせばいい。救急医療の現場の実態を知るため、若い人に当直が集中している現状に一石を投じるためにも、かけ声だけでなく、自ら率先して当直を行うことを思い立ちました。ここまで読んで、「迷惑な上司だ」と思われる方がたくさんいらっしゃるだろうことは、素直に受け入れます。本当に迷惑だとわかっていましたが、現場を見ずに、物申すのはもっと職員にとっては迷惑だと判断しました。

 実は、病院長就任から私が今回の当直を断行するまでには、紆余曲折、試行錯誤がありました。

 まず、私が院長に就任時、表向きに三井記念病院は、2次救急受け入れ施設として認定されていましたが、救急医療には1次、2次、3次の段階に分かれています。日本救急医学会ER検討委員会によると、1次救急:軽症患者(帰宅可能患者)に対する救急医療、2次救急:中等症患者(一般病棟入院患者)に対する救急医療、3次救急:重症患者(集中治療室入院患者)に対する救急医療となります。実際のところ救急医療を余り熱心に行っていませんでした。かろうじて、かかりつけの患者さんが訪れたり、循環器内科の医師に熱心な者がおり、循環器疾患の救急患者がいる場合には、当院に運ばれてきていました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
髙本眞一 1947年兵庫県宝塚市生れ、愛媛県松山市育ち。73年東京大学医学部医学科卒業。78年ハーバード大学医学部、マサチューセッツ総合病院外科研究員、80年埼玉医科大学第1外科講師、87年昭和病院心臓血管外科主任医長、93年国立循環器病センター第2病棟部長、97年東京大学医学部胸部外科教授、98年東京大学大学院医学系研究科心臓外科・呼吸器外科教授、2000年東京大学医学部教務委員長兼任(~2005年)、2009年より三井記念病院院長、東京大学名誉教授に就任し現在に至る。この間、日本胸部外科学会、日本心臓病学会、アジア心臓血管胸部外科学会各会長。アメリカ胸部外科医会(STS)理事、日本心臓血管外科学会理事長、東京都公安委員を歴任。 ↵手術中に超低温下で体部を灌流した酸素飽和度の高い静脈血を脳へ逆行性に自然循環させることで脳の虚血を防ぐ「髙本式逆行性脳灌流法」を開発、弓部大動脈瘤の手術の成功率を飛躍的に向上させたトップクラスの心臓血管外科医。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順