「令計画失脚」に見る「赤い貴族」の栄光と没落

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2014年12月24日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

 12月22日夜、党統一戦線工作部長で全国政治協商会議副主席、胡錦濤前総書記の側近、「令計画」の「規律違反」での党の取り調べが始まったことが伝えられた。いわゆる「新四人組」の最後の1人であり、胡錦濤氏の大番頭として権勢を振るい、次期中央政治局員入りも噂された人物だった。

 令計画失脚の引き金になったと目されているのが2012年3月の長男の交通事故だった。裸の女性2人を乗せた長男のフェラーリが大事故を起こして死亡した際、令計画が事故のもみ消しを図ったことが問題とされ、公安系統を握っていた周永康に協力を依頼したとされている。女性2人のうち1人は死亡、もう1人も大けがを負ったが、その家族には巨額の「口止め金」が振り込まれたという。国内メディアには箝口令を敷いたが、海外メディアの報道で表沙汰になった。令計画は当時の中共中央弁公庁主任から統一戦線工作部長に降格。ただ、2013年からは名誉職とはいえ「党と国の最高指導者」と中国のメディアで呼ばれる政治協商会議副主席を兼務していた。

 令計画は習近平政権が大々的に展開している腐敗取り締りの大物たたき「虎狩り」のなかで、薄熙來、周永康、解放軍ナンバー2の徐才厚と並んで、文化大革命を引き起こした毛沢東夫人・江青ら「四人組」になぞらえて、「新四人組」と呼ばれた。そのなかで調査が公表される最後の1人となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順