陳舜臣は「中国人作家」だったのか:その複雑な国籍の変遷を考える

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2015年2月2日
エリア: 中国・台湾 日本
 「台湾出身の華人作家」と呼ぶべき(享年90)(C)時事
「台湾出身の華人作家」と呼ぶべき(享年90)(C)時事

 陳舜臣という戦後日本で傑出した実績を残した大作家の死について、日本のメディアの報道は総じて浅かったし、薄かった。

 生涯に100冊以上の著書を残し、「江戸川乱歩賞」「直木賞」「大佛次郎賞」「吉川英治文学賞」「日本芸術院賞」など、ありとあらゆる文学関連賞を総なめにしたその実績からすれば、陳舜臣は国民的作家と呼ばれてもおかしくない。やはり日本人ではないからだろうか、あるいは、すでに病床に入って10年が経過して最近の文壇で存在感が薄かったせいだろうか。各社の文芸記者による評伝の書き方にも今ひとつ、迫力を感じなかった。付き合いのあった記者やライターたちがすでに第一線を退き、陳舜臣と直に語り合ったことがない人間が訃報や評伝を書かざるを得なかったことも響いたのかも知れない。

 逆に、報道ぶりはむしろ中国や台湾のほうが熱心で、かの地のメディアでは陳舜臣の作品や生涯についていろいろと活発に語られていた。『阿片戦争』や『小説十八史略』などは中国などでもよく読まれていたという。陳舜臣の言論がそれなりに「愛国的」であったことも、中国のメディアにとっては取り上げやすい一因だったに違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順